嗅覚刺激療法

コロナウイルス感染症の症状のひとつ、

嗅覚障害。

味覚障害とも関連していると思いますが、長期間悩まされている方が多いそうです。


アロマの世界では嗅覚がなくても匂いは

理解できていると学びます。

匂いの芳香分子と言うのがあって、

それらが鼻から脳の中へ伝わっていき

芳香分子にあった反応を脳がするからです。

認知症がひどく様々なことに無反応でも、思い出の香りを嗅がせると反応が見られた❗️

ただ匂いがわかり難くなっただけ、とは侮れない「嗅覚」です。


ドイツで生まれた?嗅覚刺激療法。Olfactory training


花 果実 樹脂 スパイス を1日2回各匂いを10秒ずつ嗅ぐ


と言うものらしい。


だいたい、バラ・ユーカリ・レモン・丁子(クローブ)を使っているみたいです。


日本では、コーヒー☕️・カレー🍛・レモン🍋・花🌹・石鹸🧼・バナナ🍌 など日常にあるものを使われていたり、精油を使って本格的にされています。


とにかく、匂いのイメージがつきやすいものを何回もこまめに嗅ぐことがトレーニング。


蒸気の上がってるほど高温のものや

香水など合成されたものなどは

お勧めしません。

熱や化学物質によって細胞に障害が起きてしまっても 

気がつきづらい状態だからです。



嗅覚細胞は一旦死滅しても再生が可能

と言う稀な組織で、

匂いの刺激で再生するため

結果が出るまでトレーニングを続けることが大事です。


上記のドイツのトレーニングは3週間〜∞気長にしなければならないものなのです。


そうはいっても嗅覚がないのに(無臭)嗅ぐと言うのを続けるには気が持ちませんね。


上にあげたものを並べてトレーニングだ!と気負わずに、


日常色々な物の匂いに興味を持って、


これはどんな匂いだろう?と脳で🧠興味を持って嗅ぐ事を続けていると


ある時フッと香りが入ってくるんですね。


そこから少しずつ感じ取れる匂いの種類が増えていくのです。


想像もつかない、無理と思う方は、周りの人にどんな匂いか説明してもらうといいですよ。


説明する側も嗅覚を鍛える良いトレーニングになります☺️。

(嗅いだものが何かを意識する)


それからトレーニング開始にあたり、

アレルギー性鼻炎や、感冒症状の鼻詰まりは治療してから始めてくださいね。

鼻の状態は出来るだけベストにしてから

気長に始めましょう。


例に挙げられているものは匂いの想像がしやすく(無条件で脳が反応するレベル)

香りがわかるようになるのに

近道なモノたちです。


精油を使って効率よくトレーニングしたい場合はご相談くださいね。


お身体のトリートメントもお勧め!


ありがとうございました✨







3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示